🚗ホンダが全長5m超え新型「オデッセイ」2024年に発売!❗ さらに新「クロスオーバー」も登場!❗?❓ カクカク「サルーン」は26年発売! ❗ホンダ・アキュラのわくわくする米国話 🚘

車


- YouTube
YouTubeでお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
さらにベストセラーモデルの「MDX」は、デザイン変更やオーディオ、インターフェースの革新、高度な運転支援機能などの大幅な機能強化が行われる予定です。

「RDX」はその魅力と機能を強化するためにアップグレードされます。

 さらには、まったく新しい「アキュラ クロスオーバー」がエントリーモデルとなる「インテグラ」と並ぶラインナップとして、2024年後半にデビューする予定です。

 またアメリカンホンダは、CESで発表された新しいグローバルEVシリーズ「Honda 0」の「サルーン」と「スペースハブ」という2つのコンセプトモデルを2026年に米国で発売する予定です。

 これは米国オハイオ州の新しいホンダEVハブの一環として、EV生産に備えて製造ラインの統合がすでに始まっていると言います。

 このようなホンダの米国市場における動向について、最後に前出のディアロ氏は次のように締めくくっています。

「2024年に3台のゼロエミッション車の販売を開始します。

 これにより、2040年までに100%ゼロエミッション車の販売を達成します。

 最終的には2050年までにカーボンニュートラルを実現するという当社の目標を達成することができます」

アメリカンホンダは、2024年の米国自動車事業の見通し

 ホンダの米国市場を担うアメリカンホンダは、2024年1月18日に「2024年の米国自動車事業の見通し」を発表しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました